資料の紹介

 販促ツールや製品パッケージなど、企業の経済活動には企画に合った見栄えの良いデザインが必須となる。デザイン作業は外部に委託することが多いが、最も本質を知り抜いているのは当然のことながら社内の開発スタッフや企画担当などの社員たちである。昨今は制作コスト削減と効率化、そして統一デザインの強化といった観点から、こうしたクリエイティブワークを内製化する企業が増えてきている。

 しかし媒体は紙、Webサイト、モバイルアプリなど多岐にわたるだけに、オフィスソフトで対応するのは不可能だ。そこで必要になるのがプロフェッショナル向けのツールだ。最新のツールなら、初心者でも使いやすく、一般の企業のスタッフが活用することで販促ツールやパッケージデザインを内製できるようになる。

 本資料は、外食、食品、アパレル、IT、タクシー会社など、プロフェッショナル向けのツールを一般企業が導入した事例を掲載している。併せてツールを詳細に解説する。サブスクリプション方式のクラウドサービスで、用途に応じてソフト1本から選べる柔軟性があり、これから内製化を進める企業にとっては心強いはずだ。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。