資料の紹介

 IT技術を駆使し、子供が創造性を発揮できる学習環境や交流の場を開発・提供するVIVITA。事業の一環として、子供向けのクリエイティブラーニングスペース「VIVISTOP」を運営。「好きなこと、やりたいことを見つけ実現する場」として無料で提供している。

 同社は働き方改革が叫ばれる前から、「Working Anywhere」を掲げモバイルワークを導入しているが、紙の書類の存在がネックになり、従業員の勤務場所が制限されていた。特に契約に伴う「印刷、印紙、押印」などのプロセスは、勤務場所の問題だけでなく、バックオフィス業務を効率化するうえでも大きな障害となっていた。

 本資料では、VIVITAがモバイル環境に加え新たな仕組みを導入することで、業務プロセスから紙を極限まで排除し、勤務場所の制約を解消、さらに、バックオフィス業務の省力化とスピードアップを実現するまでの経緯を、同社導入担当者のコメントを交えて紹介する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。