資料の紹介

 KDDIウェブコミュニケーションズでは、経理担当者が請求業務のほかに多くの業務を兼任しており、いかに効率よくこなすかということが課題になっていた。一方、請求書の作成、送付、入金確認までの作業は、Excelなどの複数のツールを使用しており、効率が悪かった。

 こうした現状を改善するために導入したのが経理を自動化するシステムである。請求業務を一つのシステムにまとめたため、請求漏れなどのミスの心配がなくなった。そして、自動化のおかげで2日以上かかっていた請求業務が3時間に短縮された。本資料では、このほかに起業して加速度的に成長する企業への導入事例やSalesforceと連携して受注から請求までを完全自動化した事例を紹介する。

 今後、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)をはじめとした業務自動化システムの進化によって最も変革に直面することになるのは経理担当者だ。本資料は経理システムの自動化によってどういったメリットがあるかを示した導入事例集である。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。