資料の紹介

 2020年1月14日のWindows 7延長サポート終了が迫る中、Windows 10への移行が企業の急務となっている。しかし、Windows 10にアップデートすればそれで安心というわけではない。Windows 10では毎月の「Quality Update」や、半年ごとの「Feature Update(FU)」と呼ばれる更新プログラムを適用し続けなければならず、運用には多くの課題がある。

 PCを大量にセットアップする場合に一般的なのが、PCの機種ごとにマスターイメージを作成して展開するやり方だ。しかし、FUの巨大な更新プログラムが提供されるたびにマスターイメージをアップデートすることは大変な手間になるので、何らかの効率化が必要になる。さらに、WANやLANに極力負荷をかけずに効率よく社内展開する手立ても重要だ。

 本資料では、課題の多いWindows 10の運用を一気通貫で効率化するソリューションを紹介する。Windows 7では考慮する必要がなかったOSのアップデートによるマスターの更新や巨大な機能更新プログラムの配布、各PCの更新状況の管理、失敗時の対処とユーザーデータの保護といった運用面の課題を一挙に解決できるという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。