資料の紹介

 日本で一番売れている雑誌『週刊少年ジャンプ』(集英社)からスピンアウトしたデジタルアプリ雑誌『少年ジャンプ+』の編集部では、デジタル展開により契約業務が複雑になり、編集者と漫画家双方の負担が増えたため、解決策を模索していた。

 従来の『週刊少年ジャンプ+』編集部では、多忙を極める漫画家の執筆作業を妨げないよう、わずかな空き時間を狙って訪問し、紙の契約書に署名捺印してもらっていた。これでは手間も時間もかかるうえ、契約書類を紛失する心配もあることから、電子署名の導入を検討することにした。

 本資料では、『少年ジャンプ+』編集部が電子署名システムを導入し、定着させるまでの経緯を紹介している。スマホでも署名捺印できることから多忙な漫画家にも思いのほか好評で、以前は契約締結までに数週間はかかっていたのが、数日で終わるようになったという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。