資料の紹介

 2018年に運用を開始した準天頂衛星「みちびき」の登場で、米国のGPSだけでは難しかった、高精度で安定した衛星測位システム(GNSS)が利用できるようになった。車の自動運転をはじめ、農業や建設、物流といった幅広い分野での利用が期待されている。農機や建機などの作業自動化、省力化により、少子高齢化への対策、生産性の向上などを可能にする。さらに、革新的なサービスや新たな産業を生み出す可能性があるとさえ言われている。

 しかし、実際に導入しようとしても自社にノウハウがない、あるいは、導入したが思ったような測位精度が得られないなど、ユーザーは導入時に様々な課題に直面することもある。

 例えば、システムを導入する前に、環境の影響によるGNSS受信機の精度を確認しておく必要があるほか、事前に実証実験を行いたい場合もある。機材の選定方法、実験結果の評価・分析などにもコンサルティングが必要だ。本資料ではこうした様々な要望に応え、課題を解決するサポートサービスソリューションについて解説する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。