資料の紹介

 製造業の現場にはこれまで、数多くの生産設備や生産管理システムが導入されてきた。近年では、これらの設備やシステムから得られるデータを分析し、生産計画、生産設備、メンテナンス計画などの最適化や、新たな付加価値の提供に生かそうとする動きが活発になっている。

 受注情報と生産計画に基づき、資材の所要量を計算、最適な生産リソースを割り当てて効率の良い工程計画を立案するには、生産設備だけでなく、個別要員の能力や負荷も加味したリソース管理が必要になる。さらに、品種切り替え時の段取り替え時間など、現場の状況に即したきめ細かいスケジュール作成も求められる。

 本資料では、こうした要求に応えるとともに、製造リードタイムなどの実績を学習し、高効率の生産計画を立案できるという、業界でもまだ珍しい学習機能をオプションで提供する生産管理システムを紹介する。生産計画・実績からさまざまな兆候を検知し担当者に通知する「おしらせ機能」を標準装備しており、ある半導体メーカーではラインの人員を2名削減しながら、生産性150%を達成したという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。