資料の紹介

 顧客ニーズに迅速に応え、ビジネスチャンスを逃さぬよう、適切なタイミングで製品を市場に投入するためには、素早く生産体制を立ち上げることが不可欠だ。そのためには、いかに立ち上げ期間を短縮できるかが課題になる。

 生産設備の開発は、メカ設計者がシステム設計や機械設計を行い、実機が完成しないと制御ソフトの検証・デバッグに取りかかれない。開発にかかる時間のうち、デバッグなどが約40%弱を占めると言われている。そこで、リードタイムを短縮する手法が、実機完成前に3Dデータ上で検証を行う仮想メカトロ検証の導入だ。

 大規模で複雑な設備であるほど、実際のメカよりも3DCADモデルを活用するメリットが大きくなる。しかし3Dモデルはデータサイズが重く、処理に時間がかかるなど、十分に活用できないということも珍しくない。本資料では、高い精度を保持したままデータサイズを100分の1に軽量化できる技術を使い、機構動作や制御ソフトの仮想検証を支援するソリューションについて解説する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。