資料の紹介

 日本企業の生産性の低さはよく指摘されることだ。先進七カ国の中では一番低い。なぜこんなに低いのだろうか。理由はいくつも考えられるだろう。ミーティングのためのミーティング、ルーティーンワークのためのルーティーンワーク、経営層と現場のコミュニケーション不足、部門間で情報共有不足、署名捺印が必須の書類処理、長時間労働の称揚、行き過ぎた完璧主義など。また、「昔からやっている」という理由で続けている業務の多くは成果のための時間を圧迫している。

 こうした課題を解決するため、多くの企業がITに投資し、「働き方改革」に努力して失敗している。失敗の理由のひとつは、単純にコミュニケーションツールを増やしたことだ。社内報や掲示板、共有サイト、メール、グループウエア、SNSなど、既に目を通さなければならないツールがたくさんあるのに、この上まだツールを増やすのはナンセンスだ。

 本資料では、人とデータとアプリをつなげる「業務の基盤」を作るツールを「ビジネスコラボレーションハブ」と名付けて、解説している。実際の導入事例とその効果についても紹介する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。