資料の紹介

 「働き方改革」を背景とした業務効率化の動きは、引き続き活発だ。この動きを背景に、導入が進んでいるのがRPAだ。ソフトウエアロボットで業務を自動化・効率化するRPAは、特に定型業務の多い会計や人事、生産管理などのSoR(System of Records)と呼ばれる基幹系システムの領域で導入が進んでいる。

 ただし、RPAを導入した企業のほとんどは、特定部門の業務自動化・効率化の段階にとどまっている。次に求められるのは、SoE(System of Engagement)と呼ばれる顧客に近いところで利用されるシステムへの適用だ。そして業務全体を最適化し、会社全体の業務プロセスを自動化・省力化することを目指すべきだ。

 しかし、そのためには会社全体の業務プロセスを一気通貫で可視化し、ボトルネックを分析し、課題を解決するPDCAを回さなければならない。従来、こうした仕組みを構築するには、外部のコンサルタントなどの力を必要としたが、現在は、AIやIoT、RPAなどの最新テクノロジーを駆使して、自社だけで取り組むことも可能となっている。本資料で、その具体的なステップを解説する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。