資料の紹介

 FAXは依然として、企業の取引現場で重要な役割を果たしている。例えば、ホテルや旅行の予約サイトで利用者が入力した情報を、FAXでホテルや旅行代理店、飲食店、レンタカー業者などに送信する。あるいは、不動産会社が物件情報を各店舗に一斉送信する。さらにはメーカーの生産管理システムから受発注書類を送信するのに使われるケースもある。

 紙によるFAX送信のほか、情報システムと連携させたFAXサーバーで取引先などに文書を送信している企業も少なくない。さらに最近増えているのが、FAXサーバーや回線などの設備を導入しなくてもシステムと連携したFAX送信を実現できる、クラウドFAXサービスの利用である。

 本資料では、その具体例として、最短1日で利用開始可能というクラウドFAXサービスを紹介する。Web-APIやメールなど複数のインタフェースを利用して連携システムを開発でき、専用設備が不要なため運用コストも削減できるとしている。利用者は自分の席からFAXを送信でき、送信先設定などを自動化することでミス防止や業務の効率化にも役立つという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。