資料の紹介

 消費者の購買行動の変化を受け、今日のリテール業界で急速に浸透しているのが、オンラインツーオフラインやオムニチャネルなどと呼ばれる、複数のチャネル(販路)の併用である。このような状況下、商品や価格に加えて、熾烈な競争を勝ち抜くための重要な差別化要因となるのが顧客体験だ。

 小売企業は今後、特定のチャネル対応に特化した組織から複数のチャネルを併用しつつも一貫性のある顧客体験を提供できる組織へと進化しなければならない。その際にカギとなるのが、商品情報の一元化、つまりマスターデータ管理と分析機能の充実だ。

 本資料では、リテール業界の最新の動向をふまえて、デジタル変革の実現に不可欠なデータ管理の要件を考察する。さらに、戦略立案の参考として、PUMAなど海外の先進企業におけるマスターデータ管理の取り組みを紹介。「粗悪なデータ」を使い続けることには大きな代償を伴う可能性があると警告している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。