資料の紹介

 企業が入手できるデータの量が爆発的に増加している現在、あらゆる企業に、デジタルトランスフォーメーション(DX)の影響が及んでいる。新しいビジネスモデルに取り組む際に何よりも重視されるのはデータであり、企業は社内外のデータを活用することで、顧客のニーズを予測し、より良いサービスを提供しようとしている。

 このデータ主導の世界において、企業はオンプレミスとクラウドのデータに加え、あらゆる場所にあるビッグデータを従業員が活用できるように支援することで、競争優位に立つことができる。旧来のやり方のままでは、必要な俊敏性と拡張性を得られないことは明らかだ。

 本資料では、DXの取り組みに欠かせないデータ管理基盤の迅速性や拡張性を実現する手段として、次世代iPaaSをベースとしたデータ管理アーキテクチャを提案する。あわせて、クラウドファーストのアプローチで意思決定のスピードを高めた企業や、オンプレミス、クラウドの両方からデータを取得し活用できるようにした企業の取り組みも紹介している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。