資料の紹介

 自動運転、コネクティビティーなど高度な技術開発が進む自動車の開発工程は、複雑化・高度化する一方だ。新たな技術革新が進むことは、車載ソフトウエアの重要性が増していくことでもある。コード行数は増え続ける一方で、テスト項目も増加する。

 そこで、最終工程まで進み実装し終えてからテストする、という従来のスタイルに代わり、1つの機能を実装したらテストを実施するという短い工程を繰り返すアジャイル開発が盛んになってきた。これを行うにはテストの自動化が必須だ。

 本資料では、こうしたテストを自動化するソリューションについて解説する。これを利用すれば、すべてのコードが実行されているかどうかの指標となる、ステートメント・カバレッジ(C0カバレッジ)、ブランチ・カバレッジ(C1カバレッジ)、MC/DCカバレッジなどを満たすテストケースを自動生成できる。ソースコードの変更に合わせてソフトウエアのビルドとテストを自動化することができ、膨大なコード行数を要する開発工程に導入したところ、開発期間が半分程度になったユーザーもいるという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。