資料の紹介

 デジタル変革(DX)を「間違えずに」実行するための指針とは――。

 AIやIoT、ビッグデータなどを駆使してビジネスを変革することは、すでに多くの企業が課題として挙げている。新時代にふさわしい戦略的な製品・サービスを創出したり、業務の「超自動化」によって生産性の向上や働き方改革を進めたりすることが目標だ。しかし、DX実現への道筋を探ろうとすると、具体的なデータが意外なほど少ないことに気付くだろう。

 本レポート「DXサーベイ」は、DXを多面的に調査・分析し、成果を上げるために必要な情報を網羅した変革シナリオの決定版である。DXの「現状と課題を知る」「先進企業に学ぶ」「組むべきITベンダー・コンサルティング会社を見極める」という3つのテーマについて徹底解説した。

▼現状と課題を知る
 日経BP総研イノベーションICTラボは、経済産業省や「日経コンピュータ」「日経 xTECH」と連携して「デジタル化実態調査」を実施。約900社にDXプロジェクトの成果やAI活用、データ活用などの状況を聞き、日本企業のDXの実体やDX推進度分析をまとめた。

▼先進企業に学ぶ
 トヨタや花王、ANAなど先進26社に取材し、DX戦略の全体像、推進体制の工夫、基幹系システムの再構築プラン、AIやIoTを活用したシステムの強化策などを解説。

▼組むべきITベンダー・コンサルティング会社を見極める
 アクセンチュアやNEC、NTTデータ、日本IBM、野村総合研究所、日立製作所、富士通など主要DXパートナー20社について顧客満足度・期待度調査を実施。結果をレーダーチャートやランキングにまとめた。DXを円滑に進めるための方法論については、大手ITベンダー15社の有識者が解説した。

 DXに関する圧倒的な調査・取材を1冊に集約。成功するDX戦略を練り上げるために、ぜひ本書を役立てていただきたい。

(※下部より抜粋版をダウンロードできます)

著者:戸川 尚樹(日経BP総研 イノベーションICTラボ 所長)、渡辺 享靖(日経BP総研 イノベーションICTラボ 上席研究員)/A4判、約350ページ/2019年11月25日発行/発行:日経BP
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。