資料の紹介

 デジタル・トランスフォーメーション(DX)の推進には、データ活用が欠かせない。企業内の顧客・売上・商品などの社内データと外部のデータを組み合わせて分析し、得られた知見で新たなビジネスを創出したり、既存ビジネスを変革したりする……。それがDXの本質だからだ。

 ところが、「データ分析のためにBIツールを導入したのに、一部の社員しか使えない」という悩み抱える企業は非常に多い。背景には「BIツールの操作が難しい」「何が必要なデータなのか分らかない」「蓄積されたデータと求めているアウトプットとのズレが大きい」など、さまざまな問題が潜んでいるからだ。これでは、DXは途中で挫折してしまうだろう。

 従業員全員がBIツールを活用し、そこで得られた知見をビジネスの具体的なアクションにつなげるには、何が必要なのか。本資料では、その具体的な方法が示されている。ヒントは「セルフBI」と「ダッシュボード」だ。現在、BIツールを検討している企業はもちろん、「BIを入れたけれど……」という企業にも、ぜひ目を通してもらいたい。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。