資料の紹介

 BI(ビジネスインテリジェンス)ツールを導入してはいるものの、ツールを用いた経営分析の現状に不満を感じている経営者は少なくない。こうした不満は特に、次の戦略を立案するための経営分析、いわゆる「データドリブンな経営判断をするための分析」についてのものが多い。

 よく指摘されるのが、BIに膨大な労力と時間を費やしているにもかかわらず、最適な意思決定に至らないという問題だ。問題解決に至らない要因は様々だが、しばしば見られるのが「課題を取り間違えている」ケースだ。煩雑で、外部要因に振り回されることが多いBIの作業を効率化し精度を高めることが、いつしか経営分析の課題になってしまっているのだ。

 本資料では、経営分析におけるこうした問題点とその解決方法について、経理の専門家へのインタビューを交えて解説。併せて、人工知能(AI)活用により、ベストプラクティスに素早くアプローチできるBA(ビジネス分析)クラウドサービスを紹介する。正しい経営判断のためにはデータ活用をBIで終わらせず、BAの領域にまで広げることがカギとなる。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。