資料の紹介

 2020年1月14日、すべての延長サポートが終了するWindows 7。「まだ先の話」と思っていた企業もいよいよWindows 10への移行しなければいけない時期となっている。とはいえ、Windows 10は従来とは異なるWaaS(Windows as a Service)と呼ばれる更新サービス形態を採用しており、移行準備に相応の期間を必要とする。さらに、移行後の運用管理も従来通りとはいかない。大型アップデートに合わせたスケジュール管理、それに準じたアプリやドライバーの管理など、システム管理者にとっては課題山積で頭の痛いところである。

 移行前はもちろん移行後の管理をスムーズに進めるには、アップデートの効率化ツールの導入やサポートソリューションの導入が効果的だ。機材の導入からサポートまでシステム管理者の負担を軽減し、無理のないシステム移行を実現できる。

 本資料では、Windows 10移行を巡るシステム担当者と総務部長のやりとりから、移行に関する課題を分かりやすく紹介。重要なポイントごとに分け、コミックと図解を用いて詳細に解説する。さらにアップデートの効率化など管理・運営に関するサポートツールやソリューションも併せて掲載する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。