資料の紹介

 今日のビジネスが求める変化に迅速かつ容易に対応するため、多くの企業がソフトウエア開発にアジャイル手法を採用するようになった。適応計画、早期提供および継続的な改善に根ざすアジャイル手法は、今や標準的な手法としての地位を急速に固めつつある。

 その一方で、負担が増しているのがソフトウエアテストの担当者だ。アジャイル手法を採用したプロジェクトでは、ソフトウエアが頻繁にリリースされる。しかも、完全には文書化されていない。この状況でテスト担当者は開発チームやビジネスチームからの要求や変化に対応しつつ、テストを実行して品質を維持することが求められる。

 本資料はアジャイル手法とは何かの説明から入り、用いられる技法、テスト担当者に求められる必須項目、4つのアジャイルテスト方法論を詳しく解説する。さらに企業への導入をスムーズにするお薦めのアプローチ方法と、アジャイルテスト方法論の実行を支援するテスト管理ツールを紹介する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。