資料の紹介

 「uni」ブランドで広く知られる三菱鉛筆。筆記具の開発・製造・販売のほか、グループ企業では筆記具の技術を応用し、OEMによる化粧品などの開発・製造も手掛ける。グループ全般の法務管理を担う三菱鉛筆の法務室では、契約書の作成とレビュー業務が増加の一途をたどっていた。

 同社の法務室には、営業、広報、商品開発など多方面からメンバーが集まっている。それぞれの専門知識が他部門との連携などに生かせる一方で、法務経験がないメンバーにとっては、契約書の作成やレビュー業務はハードルが高く、作業負荷が高くなってしまうという問題があった。

 本資料では、三菱鉛筆が「契約書関連業務の省力化」「法務未経験者のハードル解消」を目指して導入した契約書レビュー支援ソフトとその活用状況や効果について、同社法務室へのインタビューで紹介する。「自動レビュー」「ひな型」「条文検索」「民法改正対応」などの機能により、作業時間が3分の1ほどに短縮したほか、担当者が業務を通じて効率よく法務知識を得られることで、学習効果も高まっているという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。