資料の紹介

 多くの企業において検査工程は、単に良品・不良品を判定する「守りの検査」として役割だった。その検査工程に「デジタル化」「自動化」「データの一元化」による変革をもたらすことで、検査工程で得られたデータを設計・製造部門にフィードバックできるよ うになる。そして一方通行の「守りの検査」から設計・製造・検査を密接に連携させた「攻めの検査」へと転換できる。

 本資料では、こうした「攻めの検査」をもたらす3つの新たな検査手法について解説する。検査のデジタル化として注目されるのは、3Dスキャナーを使って現物の形状をデータ化することだ。3D計測ソフトを使えば、現物のデータとCADデータとの偏差をカラーマップで確認可能。色で判別できるため、設計者自身が容易に理解できるようになる。また、比較時の設定内容もデータとして保存することでトレーサビリティも確保できるなど、設計品質を向上させるメリットは多い。

 ソフトによる検査工程の自動化を実現すれば、検査担当者のスキルに依存した「属人化」が解消する。3D CADデータに販売情報、サービス関連情報などを付加し一元管理すれば、より高度な自動化やトレーサビリティも実現可能になる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。