資料の紹介

 経理業務の中核となる会計システム。効率の悪いシステムでは、ほかのシステムとの連携ができず二重入力などを余儀なくされ、さらには大量の紙伝票の処理に多大な工数をかけ、経理の現場に人的な負担や紙資源の物的負担をかけてしまう。複数の事業を抱える企業においては、決算をまとめる際に事業ごとに経費を配賦する必要があり、各々が処理をすることで事業所の負荷増大を招いてしまう。

 経営の観点からは、決算の早期化が重要課題だ。早期化できれば迅速な意思決定が実現する。業務面では効率をアップすることで、担当者の業務負荷を減らし、働き方改革を進めることができる。課題解決のための新しい会計システム導入にはポイントがいくつかある。他システムとのデータ連携のしやすさ、ペーパーレスを目指す上でのワークフローなどの機能、担当者の負担にならない操作性などだ。

 本資料は20年前に導入しサポート終了を目前にした会計システムの刷新について、システム選定から導入までを記録したものである。複数の事業を抱えるメーカーが新しい会計システムを導入したことでどういった課題を解決できたかを紹介している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。