資料の紹介

 UberやAirbnbなどの企業は、デジタル技術を利用して独創的なサービスや製品を開発し、業界の垣根を越えて急成長している。こうした企業に対抗するため、デジタル技術を活用して自らのビジネスを変革する取り組みが「デジタルトランスフォーメーション(DX)」だ。

 ところが、実際にDXに取り組むと、多くの企業は3つの課題に直面する。1つは、DXに不可欠なデータが整備されていないことだ。たとえば、顧客管理と販売管理のシステムで取引先の名称が異なっていたら、データ活用はできない。2つ目がデータの分散だ。たとえば、拠点ごとにデータがバラバラに管理されていたら、やはりデータ活用は難しい。そして3つ目が、データサイエンティストなどの専門人材の不足だ。

 しかし、テクノロジーの進化により、データ整備と分散したデータの統合のハードルは下がっている。具体的には、データの整備と統合を自動化するSaaSサービスを活用すれば、作業負荷の80~90%は削減できるのだ。企業はそこで浮いた時間とコストを専門人材の育成や外部サービスの利用に投入できる。本資料では、その具体的な方法を提示する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。