資料の紹介

 デジタル技術でビジネスを変革するデジタルトランスフォーメーション(DX)には、ITシステムにスピードと柔軟性・拡張性が求められる。多くの企業がクラウドを活用するのも、クラウドのスピードと柔軟性・拡張性がDXに不可欠だからだ。

 ただし、オンプレミスのシステムがなくなるわけではない。基幹システムではオンプレミスのシステムが引き続き重要な役割を担う。その結果、クラウドとオンプレミスを組み合わせたハイブリッドなシステムを運用する企業が増えている。一方で、オンプレミスのシステムには課題も多い。たとえば、初期投資がかかり、減価償却を前提として予算確保が必要になる。また、いったん導入したら、途中で拡張・変更するのも困難だ。

 このため最近は、オンプレミスのシステムでも、クラウドと同様の従量課金制やリソースを柔軟に拡張・変更できる仕組みが求められている。「クラウドのように使えるオンプレミスの仕組み」が求められているのだ。本資料では、こうした企業の考え方の変化と次世代のオンプレミスITに求められる条件を解説する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。