資料の紹介

 会計システムから出力される様々なレポートを見て売り上げや利益の実績を確認したり、Excelの予算表と比較したり、といった“経営分析”をしている経営者は少なくないだろう。あるいはBI(ビジネスインテリジェンス)ツールを使って、グラフを作成している経営者もいるかもしれない。

 しかし、こうした作業で毎月の結果は確認しているものの、肝心な次の打ち手を考える段になると、感覚や経験で決断してしまっている経営者は多い。特に中小企業では、「分析スキルのある人材が社内にいない」「分析ツールが難しくて使いこなせない」「分析にかける費用対効果が見えない」といったことが足かせになり、こうした「したつもり」の経営分析に甘んじてしまいがちだ。

 本資料では、「分析人材がいなくてもデータドリブン経営を可能にする」と謳うクラウド型経営分析アプリケーションの導入効果について、会員制の生活雑貨通販業およびソフト開発業での活用事例に基づき紹介する。アプリが具体的な改善方法を提示するので、根拠を持って具体的な指示を出せるようになり、現場の士気向上にもつながるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。