資料の紹介

 サイバー犯罪や電子データ侵害へのソフトによる対策に注目が高まっている一方で、オフィスへの入室など物理的なアクセスへのセキュリティはカードや鍵など従来の技術が依然として使われ続けている。この方式ではユーザーは複数のカードや鍵を管理することになり、手間もかかる。企業側も盗難や複製など、一つひとつに目を光らせなければならない。

 こうした課題を解決するのが、一人一台は所持しているスマートフォンなどモバイルデバイスを利用して入退出などを管理するシステムである。ユーザーの所有しているスマホを使って複数のアクセス認証が可能とする。企業側もIDがリアルタイムで一元管理できるようになり、カードや鍵の管理の負担やIDの発行や消去にかかる負担も軽減できる。

 本資料では、利便性と運用効率を考え、モバイルファーストの可能性を活用しようという企業に向けたソリューションについて解説。ユーザー利便性や企業側の管理効率といった導入のメリット、BYODなどセキュリティに関するポイントについても詳しく紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。