資料の紹介

 ランサムウエアや標的型攻撃への対策として、「ネットワーク分離」が公共分野だけでなく一般企業にも広がりつつある。社内の業務用ネットワークとインターネット利用のためのネットワークを分離することで、外部の有害コンテンツがセキュリティ対策をすり抜けて社内に侵入するのを防ぐという考え方である。

 しかし、ネットワーク分離は、外部の脅威から社内を保護できる半面、インターネット情報の社内利用や、作成した資料を社外に送付する際のファイルのやりとりが課題となる。USBメモリーなどの外部記憶媒体を使う方法には作成の手間や紛失・盗難リスクが、ファイル共有サーバーを設置する方法にはシステム運用の手間や残存ファイルの管理といったリスクがあるからだ。

 そこで本資料では、ネットワーク分離環境で大容量ファイルをセキュアに送受信できるという法人向けのファイル転送サービスを紹介する。元ファイルを一切記録しない独自の転送方式に加え、接続元の制限やファイルの自動削除、承認フロー、証跡といった機能により、ニーズに応じた安全なファイル転送環境を提供するという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。