資料の紹介

 ファクトリーオートメーション(FA)などで、センサーから受信したデータに応じて安全を確認できないときは電力を遮断し、事故を防止するセーフティーリレー。もしセーフティーリレーが故障すると、修理や交換が終わるまで稼働中の生産ラインを止めなければならず、大きな損失が発生してしまう。

 これを回避するためには、セーフティーリレーが故障するまでの残存寿命を事前に予測し、生産ラインが稼働していない間に交換や修理を終える必要がある。近年、こうした製造設備の故障や寿命を正確に予測する方法として、実在の製造工程などから収集したデータと仮想空間に構築したシステムから成るモデルによってシミュレーションを行う「デジタルツイン」の適用への期待が高まっている。

 本資料では、セーフティーリレーのデジタルツインの開発事例について、デジタルツインの模式図を示しながら紹介する。リレーの電磁気的・機械的挙動のモデル化に基づくシミュレーション結果と実測値を組み合わせて解析する。これにより、セーフティーリレーを寿命の限界まで使用しながら、生産ライン停止による損失を最小限に抑えられるシステムを実現できるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。