資料の紹介

 ハードウエアを設計するエンジニアは、多くのプレッシャーと制約のもとで開発作業を進めている。スケジュール、予算、材料原価 目標、機能要件、こうしたこと満たす設計案を1つでも見つけるのがやっとであり、別のアイデアを出したりさらに良い選択肢を検討する時間などないという場合も多いだろう。より画期的で競争力の高い製品を生み出すには、多様な発想の中から最適なものを選ぶプロセスが必要だ。機能要件を満たすだけの保守的な設計では、企業のイノベーション力が損なわれてしまう。

 そこに近年、ジェネレーティブデザインという新たな技術が生まれ、期待を集めている。この技術は、エンジニアが定義した一連の制約条件に基づき、トポロジー最適化や自然界に存在する形状をヒントにするなどのアルゴリズムを用いて、多数の設計案を自動的に生成する。これにより、エンジニアはより多くの代替案を検討できるようになる。

 本資料では、このジェネレーティブデザインについて解説する。現在のエンジニアにはどのような制約事項があり、設計品質にどのような影響を与えられるのかを踏まえた上で、ジェネレーティブ・デザインを設計にどう活用するかを詳しく説明する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。