資料の紹介

 世界中に膨大なデータが溢れている一方で、ますますデータの分断化・サイロ化が進んでいる。広く分散したデータを迅速に活用して競争力を高める「データ主導型」の組織を実現するには、分析ツールを強化するだけでは不十分であり、メタデータの活用によって必要な情報が随時供給される環境を構築する必要がある。

 キャンペーンの効果測定や不正行為の検出、サプライチェーンの最適化など、企業経営におけるリアルタイムのデータ要請も高まっている。実際、必要な情報が適確なタイミングで適切な場所に提供されるためには、データ管理のリアルタイム対応が不可欠になる。

 本資料では、「リアルタイム対応」をはじめ、「ワイドデータ」「グラフ分析と連想技術」「DataOpsとセルフサービスの融合」「データカタログ」「サービスとしてのデータリテラシー」など、今後データ主導型を目指す企業が押さえておくべき10の最新トレンドと注目すべき関連技術を紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。