資料の紹介

 様々なサービスのセキュリティを確保するために必須の認証技術。認証技術の進化は、脆弱性の克服の歴史といえる。脆弱性を突く攻撃側の技術も進化し続けており、古い認証技術を使い続けることは危険だ。

 非接触型認証技術の第2世代となる最新認証技術では、セキュリティ機能を一新し、国際標準化機構(ISO)や米国国立標準技術研究所(NIST)の定める国際標準に基づくプロトコルを採用して、従来技術の脆弱性を解決した。10年前に登場した非接触型スマートカードは、我々の生活に広く浸透し、様々な場面で利用されている。さらに、非接触型カードだけでなく、スマートフォンやタブレット端末、ウエアラブル端末にも対応するなど、急速な進化を遂げている。

 本資料では、1980年代の接触型認証技術、1990年代の非接触型認証技術から、2010年代の相互認証や生体認証まで、40年にわたる認証技術の歴史をひもときながら、古い認証技術がいかに危険であるかを解説する。さらに、最新認証技術の導入が、管理の簡素化やコスト削減などにおいても有効であることを説明する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。