資料の紹介

 機械工場の生産性が向上して、納入までの時間を短縮させることができれば、一定期間に完了できる仕事量が増え、より多くの収益につながる。しかし、現実には数多くの技術的な課題が、生産性向上への取り組みを阻む。例えば、CADやCAMといった異なるソフトウエア間でデータを転送・変換する難しさ、マシニングの際に優れたツールパスを生成する難しさなど、クリアすべき課題は多い。

 現在では、こうした課題の多くは、機械工場がデジタル化へ取り組むことで解決できるようになってきた。統合したソフトウエアによってモデルを変換する必要性を削減、どのアプリケーションのモデルでもシームレスに運用し、高品質のツールパスを自動的に開発・生成できるようになってきた。

 本資料は、機械工場が直面している課題や導入している技術などに焦点を当てた調査をもとに、最近の機械工場のニーズに対応した技術のITエコシステムであるアプリケーションソフトについて紹介している。さらに3Dプリンティングやロボットの活用といった新しい技術による時間短縮の可能性も提案する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。