資料の紹介

 多くの企業がデジタル・トランスフォーメーション(DX)に取り組んでいる。しかし、ITの予算・人材の大半が既存システムの維持・管理に費やされ、改革を進められない企業は少なくない。さらに、業務ごとに孤立したシステム、ハンコ承認などの時間と労力がかかるプロセスも改革の足かせになっている。

 こうした状態を脱却してDXを前に進めるためには、「業務をつなぐIT環境の実現」と「ITシステムの継続的な改善」が不可欠だ。ムダな業務をITで効率化し、業務間をITでつなぎ、改善のサイクルを回すのである。それを実現する最初の一歩が「システム改善のDIY(Do It Yourself)」だ。必要なシステムを自分達で作るのである。

 本資料では、そのためのアプローチとして「ローコード開発」を解説している。ローコード開発のプラットフォームがあれば、ソフト開発の専門知識を持たない業務担当者でもアプリを制作できる。ITの人材不足を解消し、DXを一気に進めることが可能になる。実際に成果を出している企業の事例も掲載されているので、DX推進の切り札として、ぜひその仕組みと効果を確認したい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。