資料の紹介

 製造業では、購買活動の大半を再注文が占める。しかもそのほとんどが煩雑なルーチン作業だ。さらにはメールに加え、FAX、電話などアナログな手段に頼ることで大きな無駄が生まれる。これらの手段を見直さない限り、買い手と売り手の双方にミスを誘発し、結果としてコスト高を招くことになる。

 では、単純にWebベースにすればいいのかと言えば、そうではない。Webサイトだけでは十分に製品情報を把握できなかったり、その場での注文ができなかったり、自社固有の価格設定が反映されていなかったりする。これではせっかくデジタル化しても、そのメリットを享受できているとは言いがたい。

 本資料は、最短2クリックで再注文が可能になるEコマースシステムについて解説する。顧客の閲覧履歴や購買情報をCRMと連携して一元管理し、全社で共有することにより、顧客ニーズを正しく把握し、マーケティング/営業活動やサービスの提供に生かすことができるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。