資料の紹介

 製造業は今や、モノを提供するだけでは生き残れなくなりつつある。今までのモノづくりに加え、継続的に満足度の高いサービスを提供し、顧客に寄り添うビジネス形態に変えて顧客とのエンゲージメント(深いつながり)を強化していかなければならない。そのためには、メーカーは顧客のことを十分に理解し、顧客が何を欲しているのかを知る必要があるだろう。

 具体的には、まず、顧客にどういった設備や機器をいつ、どこに納品したかといった構成情報を、メーカーとして把握することが重要だ。ところが現実には、社内の各部門は自部門に関係する事柄だけを管理しているケースが多く、情報が分断されてしまっている。これでは、顧客が望む質の高いサービスを継続的に提供することは難しい。

 本資料では、顧客を中心に製品構成情報を一元管理するソリューションを紹介する。全社で一つのデータを活用することで、スピーディな保守サービスや、的確なタイミングでマーケティング担当や営業担当が新製品を案内するようなスマートな営業活動が可能となる。データが蓄積されれば、セールスやサービス活動にAI(人工知能)から示唆を受けることも可能になるだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。