資料の紹介

 貿易摩擦や気候変動など様々な要因により不測の事態が発生し、原材料の調達や生産、販売などサプライチェーンの計画の変更を余儀なくされる。このような場面が、ビジネスのグローバル化が進む中で増えている。しかし、従来のサプライチェーン・プランニング・システムは生産能力や在庫といった機能ごとの管理が主流であり、不測の事態による影響をシステム全体で把握し、柔軟に対応することが難しい。

 これを解決するためには、コンカレントプランニング(同時並列計画)の導入が有効だ。組織や業務プロセスなどの境界を越えて統一プランを作成することで、同期、管理できるようにする。予想外の問題が発生しがちなサプライチェーンの全体を見渡して、信頼性とコスト効率の高い業務計画を立てることが可能になる。

 本資料では、この「同時並列計画」を実現するための4つのステップである、(1)サプライチェーン全体を統括するシステムの実装、(2)人工知能(AI)の活用、(3)計画内容の全社での共有、(4)顧客満足度向上を重視した意思決定について紹介する。これらを軸に不確実な市場を直観的に把握し、迅速に対応するためのプランニング手法を解説する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。