資料の紹介

 SAPは現行の「SAP ERP」のサポートを2027年で終了する。このため、多くの企業が最新の「SAP S/4HANA」への移行を迫られている。ただ、ERPシステムの移行は容易ではない。設計、開発、データ移行、テスト、トレーニングなどには膨大なコストと時間がかかる。しかも、一気にシステムを移行するビッグバン方式では、本番稼働後にさまざまな問題が生じるリスクがある。

 こうした従来型のビッグバン方式の移行に代わる新しい手法も登場している。それが「API主導アプローチ」だ。APIを介して対象システムのビジネス機能を切り出し、ERPモジュール、地域、事業部門などの単位で、段階的にシステムを移行する手法である。メリットは、新旧システムを並行運用しながら、段階的に移行できること。APIを利用することで、将来性のあるマイクロサービスベースのアーキテクチャーも構築できる。

 本資料は、こうしたAPI主導アプローチについて解説する。実際に本アプローチでS/4HANAに移行した企業の事例も掲載されている。S/4HANAへの移行を検討している企業なら、ぜひ確認しておきたい内容だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。