資料の紹介

 デジタル変革は、ビジネス全体を再考し、顧客やパートナーのために優れたエクスペリエンスを作り上げ、収益と従業員の生産性を向上させる絶好の機会となる。その実現には、企業データやトランザクションを記録する基幹システムを、顧客とのつながりを強化するためのCRM(顧客情報管理)システムなどと接続することが極めて重要だ。

 多くの企業が導入しているERP(統合基幹業務システム)「SAP」は、統合戦略を適切に策定すれば、財務会計、人材管理、購買調達管理、業績管理など様々な業務の変革を実現する有力な手段となる。しかし、SAPのエコシステムは複雑であり、独自の言語やロジックを使っていることもあって、システム統合は決して容易ではない。

 本資料では、SAPと他のシステムを統合する際の課題トップ3を挙げたうえで、これらの課題を解決するテクノロジーやアプローチを解説する。2027年に迫るSAP ECC 6.0の保守終了に備えてS/4HANAや他のソリューションに移行する場合でも、同アプローチによって、データの喪失やシステム停止といった問題を最小限に抑えられるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。