資料の紹介

 3Dプリントによる積層造形は、登場した当初は原材料やハードウエア、ソフトウエアの制約などにより、その用途は試作品製作に限定されていた。しかし、現在では多様な原材料を使って、より速く安定してプリントできるようになった。その結果、さまざまな業種のメーカーが、3Dプリントを製品開発プロセスに取り入れている。3Dプリントは単なる製造ツールの1つではなく、ビジネス全体に優れた価値をもたらす手段となる可能性を秘めている。

 積層造形を導入することで、射出成形など従来型の製造技術の限界を乗り越え、複雑な形状を簡単に作製できるようになる。オンデマンドでのプリントが可能になることで、メーカーは物理的な在庫を持つ必要がなくなる。

 本資料では、用途が広がりつつある3Dプリントの現状と将来について、市場分析、設計プロセスの変化、恩恵を受ける分野やメリットなどについて、業界のリーダーの意見を交えて解説する。Microsoft3DプリントチームのAdrian Lannin氏は、「医療機器のように個人に合わせて商品をデザインする業界では、高度にカスタマイズした製品を製作できる柔軟性が大きな価値をもたらす」と指摘する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。