資料の紹介

 日本の製造業で顕著になっている人手不足問題。機械化や自動化は解決策の1つだが、設備投資の費用がなかったり、人でなければできない作業だったりすると、若手を育てて技術を継承するしかない。ただ、中高年のベテラン技術者と若者との間には、仕事に対する価値観に差があることも多く、接し方を間違えればすぐに退職してしまうのが現実だろう。丁寧に時間をかけて育てても、長く勤めてくれないとすべてが徒労に終わる。

 そもそもベテラン技術者の引退が間近だったり、大型の受注が控えていたりすると、教育に十分な時間をかけられない。売り手市場の昨今では、即戦力として入社してくれる人材も簡単には見つからない。そんな企業にとっては、外国人の実務経験者を採用するという選択肢がある。

 本資料では、実務経験のある外国人技術者を人材派遣や紹介予定派遣で迎え入れ、正社員として採用するまでに起こりうる疑問や手続きについて紹介している。日本人を採用することに比べれば、外国人を採用するのは煩雑な手続きが必要になるが、専門家の協力があれば「そこまで面倒ではない」のだという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。