資料の紹介

 テレワークの実施拡大で様々な問題が浮き彫りとなっている。中でも情シス担当者を悩ませる問題が「PC管理・運用」だ。大部分のPCが社外にある状況を想定していた会社は少なく、PCのセットアップ、セキュリティーの整備などの工数が急増している。それらの対応で出社せざるを得ず、情シス担当者がテレワークに移行できない状態が続く企業もある。

 情シス担当者の負担を軽減し、スムーズなPC管理・運用を行うには、従来の体制を見直す必要がある。ここで知っておきたいのが「Device as a Service」という新しいPC提供のスタイルだ。管理者が一括して実施していたPCの購入、セットアップ、アップデート、サポートを、外部の事業者にアウトソーシングする形態である。PCはサブスクリプション型で提供され、セットアップやサポートなどはオンラインでユーザーに対してダイレクトに提供される。

 本資料は、「Device as a Service」をテーマにPC利用の新しいあり方を紹介。Device as a Serviceのコンセプトから、サービス導入やユーザーが直接利用できるオンラインヘルプデスクなどの利点まで詳しく解説する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。