資料の紹介

 中小企業は情報システム部にあまり人員を割けず、1人や兼業で回しているケースも多い。そうした情シスにとって大きな負荷になるのがPCの管理だ。人が増えるたびにPCのセットアップし、セキュリティーを確保するために常にアップデートし続ける手間は大きい。昨今は新型コロナウイルス対策のテレワークで、社外にあるPCまで管理しなければならなくなった。

 サーバーがオンプレミス中心の場合はさらに大変だ。資産管理サーバー、ウイルス対策ソフトのパターンファイル更新サーバー、Windows Updateサーバーなどの運用も情シスにのしかかる。一定期間ごとに大規模なシステム導入が必要となり、その初期構築費用も高い。

 こうした悩みへの特効薬となりそうなのが「Device as a Service(DaaS)」と呼ぶ新しいPC提供形態だ。PCは月額料金で提供され、アップデートやサポートなどの管理もサービス業者に任せられる。全てオンラインで対応するため、テレワークに利用する社外のPCもサポートできる。本資料はDaaSについて、具体的な利用イメージを含めて詳しく解説している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。