資料の紹介

 システム運用の現場が大きく変わり始めた。アジャイル型開発やクラウド活用による短期間でのサービス開発が一般的になるにつれて、運用ニーズも「決められた管理業務を安定的に確実にこなす」ことから、「新規サービスを柔軟かつ迅速に受け入れ、業務を効率化する」ことへと、急速にシフトしているからだ。

 新システムを柔軟に受け入れるためには、運用の最適化を考慮した開発プロセスの実現など、開発と運用のかい離を防ぐ手立てが必須だ。これに加えて欠かせないのが、サポート窓口をはじめとする定型業務を自動化して人手がかからないようにすることである。運用担当者が業務標準化と自動化に専念できるようにするためだ。

 本資料では、これからのシステム運用に求められる新たな要件について解説した後、システム運用自動化ソリューションの概要と、大手金融ユーザーでの導入事例を紹介する。自動化と並行して人材育成のロードマップも策定し、DX(デジタル変革)に備えた運用無人化を実現すると同時に、自動化を担うエンジニアを育成できるようにしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。