資料の紹介

 新型コロナウイルスの感染拡大を契機として、テレワークへの取り組みが急ピッチで進んでいる。しかし、ハンコ文化が根強い日本では、押印のためだけに感染リスクを冒して出社するビジネスパーソンが少なからずいることが問題になっている。これでは企業活動の継続という本来の目的も危うくなりかねない。

 紙の書類への押印をなくす手段として注目されている電子契約だが、メリットはそれだけではない。印刷、製本、郵送といったプロセスが不要になり、契約締結までの時間短縮といった効果が望めるほか、紙代、印刷費、郵送費、収入印紙といったコストも削減できる。書類をデジタル化することで管理も検索も楽になる。

 本資料では、電子契約の仕組みや法的有効性から導入メリット、導入時に解決すべき課題、自社に合ったツール選定のポイントまでを、入門者向けに分かりやすい言葉で解説。さらにその具体例の一つとして、クラウド型の電子契約ツールの特徴と料金体系を紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。