資料の紹介

 昨今のコロナ禍で監視カメラの注目度が高まっている。従来と同様の防犯はもちろん、休業中の店舗の監視、サーマルカメラによる体温チェック、人々の密集状況の分析、不審者の挙動検知など、活用分野の幅が広がっているからだ。

 ここで活躍しているのが「ネットワークビデオシステム」である。IPベースのカメラとネットワークを利用して、サーバーやPCを使って管理できる。無線LANを使えるので設置が容易なうえ、拡張性が高く、映像の分析、イベント管理にも優れている。さらにコスト面でも利点がある。かつてのアナログビデオシステムでは、専用のハードウエアや配線が必要で、設置にも日常の監視業務にも手間とコストがかかった。

 本資料は、ネットワークビデオシステムについて、要素技術から設置方法まで詳しく解説している。176ページと大部の資料で、各種IPカメラや関連する機器、ネットワークの構成、カメラとアプリケーションによる応用など取り扱うトピックは網羅的だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。