資料の紹介

 DBMS(データベース管理システム)は、企業のビジネスに不可欠なシステムだ。昨今はビッグデータや人工知能、IoTなどのテクノロジーの進化により、企業が扱うデータ量は爆発的に増大している。基幹システムのデータも含めて、DBMSにはこれらのデータを安全に管理し、企業のビジネスを支えることが求められている。

 一方で、DBMSを取り巻く環境が大きく変化し、企業のデータベースは多様な環境が“混在”するようになっている。まず、オープンソースソフトウエア(OSS)のDBMSが、企業でも着実にシェアを伸ばしている。また、DBMSを稼働させる環境として、物理サーバーでなく仮想サーバーやクラウドを選択するケースが増加している。そうした状況にあっても、企業はDBMSを安定運用しなければならない。

 本資料は、企業のDBMSの現状と課題を調査したリポートだ。100を超える企業に対して、利用しているDBMSの種類、DBMSを利用しているプラットフォーム、仮想環境における商用DBMSの課題、DBMSの障害への備えなどを調査している。合わせて、高可用性を確保する具体的な対策も紹介している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。