資料の紹介

 新型コロナウイルスの影響でテレワークが注目されている。テレワークは労働時間を短縮し、生産性を向上させる「働き方改革」の推進にもつながる。課題となるのが、テレワーカーの業務実態の可視化とテレワーク端末の管理だ。法令順守とセキュリティ確保のためにはどちらも欠かせない。

 だが、既存のITツールだけではうまくできないケースも多い。IT資産管理ソフトだけだと、収集したデータを勤怠管理に活用するのが難しい。勤怠管理ソフトだけだと、PC使用時間を用いた客観的な労働時間の把握が難しかったり、端末とのひも付けができなかったりする。

 本資料は、テレワークの業務実態を可視化するITツールについて解説した資料である。セキュアな通信方法を用いて端末の情報を収集し、社外にあるテレワーク端末も管理対象にできる。誰がどの端末を使ってどんな作業をしたか、使用したソフトや打鍵回数までチェックでき、業務実態を詳細に可視化できる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。