資料の紹介

 人工知能(AI)を活用したチャットボットへの期待が高まっている。生産人口は減少を続けていて、問い合わせ対応要員の確保が難しくなっている。離職リスクもかつてないほど高い。一方で問い合わせ対応への顧客の要求水準は低くならない。待ち時間が長いと満足度が落ちるし、24時間対応を求める人も多い。

 チャットボットを使うと、この課題を解決できる可能性がある。単純な問い合わせはチャットボットが素早く対応し、複雑な問い合わせにはオペレータが有人対応する。こうした問い合わせ対応を実現できれば、サポート業務を効率化できる。ある企業では、特定業務のマニュアル/FAQをチャットボット化したところ、社内からの問い合わせに対応する体制を3分の1に縮小できたという。

 ただ、こうした効果は得るには、回答精度が高く、使いやすいチャットボットでなければならない。安価であることも重要だ。本資料は、月額10万円で利用可能な平均95%を超える回答率のチャットボットを紹介。詳しい機能のほか、事例を基にしたチャットボット導入効果について解説している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。