資料の紹介

 新型コロナ対策で注目されているテレワーク。時間や場所にとらわれない柔軟な勤務が可能になるため、働き方改革の一環としても注目されている。自由度やコストといった利点は多いが、マネジメントの難しさや出社している社員の負担増加、セキュリティの確保など課題も多い。

 混乱なくテレワークを実施するには、導入のステップ、運用のコツ、うまく実施している企業の事例を押さえておくべきだ。例えばLIXILでは、リモートアクセス用のITインフラやマニュアルを整備したうえで、問題が起こった際のIT専用問い合わせ窓口を設置。さらにネットワークの接続方法などの質問に答えるチャットボットを用意し、情報システム部門の負担を減らした。

 本資料では、テレワークを導入して効果を上げるためのポイントを解説している。導入のステップを3段階に分けて説明した後、うまく運用するコツ、テレワーク中の社員からの問い合わせに効率的に対応するITツールを具体的に解説する。事例として、前述したLIXILの具体的な内容のほか、人材大手のディップの取り組みも紹介している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。