資料の紹介

 設備機器メーカーにとって、顧客に納入した設備の稼働が止まらないように維持・管理するサービスは悩みの種である。稼働状況を把握したくても、顧客の設備の使い方については、限られた断片的な情報しか得られないことが一般的だ。また、設備に問題が発生した後で対応することが多く、苦情も発生しやすい。

 ところが、設備がネットワーク接続されると、状況は一変する。ネットワーク経由で稼働状況を把握でき、データを分析することで問題を未然に防げるようになる。設備機器メーカーにとっては、こうしたサービスを充実させることで新たな付加価値が生まれ、収益拡大につながる機会でもある。

 本資料では、設備機器メーカーにとって収益増大効果が期待できるリモートモニタリングについて解説している。設備の動作状況をどこからでもリアルタイムに把握できる仕組みを作ることで、大きな問題が発生する前に対応できるようになる。リモートでの問題解決比率を向上させ、作業者の対応時間を短縮し、メンテナンスに必要なリソースを計画的に準備することも可能になる。また計画外ダウンタイムを減少させることにもつながり、顧客満足度の向上が期待できるとする。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。